長期の保存が可能な防災用の保存水

東北の大震災があってから、すぐに我が家でも避難グッズの準備を始めました。それは、南海トラフで起きるであろう大地震に必ず被災する地域に住んでいるからです。その時のことなど、こわくて考えたくもありません。一番心配なのは家族と離れて過ごす就業時間帯に発生してしまうことです。しかし、家族と過ごしている時に発生してもいいように、備えは必要です。水は絶対に必要ということで、保存水をいくつか購入しました。しかし、妻が最近ホームセンターでみつけた水は水にしては少し高いですが、防災用に作られた水でした。その水は高温処理が施されている為、長期の保存も可能ということでした。よく考えてみると、普通の水の保存期間など考えたこともありませんでした。もしかすると、その中で菌が繁殖している可能性があるかもしれません。そう考えると、今家に防災用に備蓄している水はそれに買い替える必要があります。

保存水はベランダの倉庫に

大きな震災があるまでは、保存水の事を全く気にした事もありませんでした。しかし日本が大変な事になってから本当に細かく考える様になりました。ウォーターサーバーもとても憧れるのですが、狭いマンションに実際電気が止まってしまったら出て来ない事を考えてペットボトルで購入しています。スペースもかなり取るために我が家はベランダにそれ専用の倉庫を購入しスットクしています。毎月1回は賞味期限もあるので新しく買い足した物とチェンジをする様にしています。又、水筒には手洗い用など緊急時に使う為に水筒3つに浄水器で取った水を寝る前に変えて保存しています。これでも実際大変な事になったら足りない気もしていますが、ないよりは個人、個人で整える事が大切と思い用意しています。水は本当に人間にはなくてはならないものなので日々の予備があると安心につながりますね。

保存水を用意しておきませんか

地震や台風、他にも渇水等、様々な災害がこの世にはありますよね。そんな時にとても、重要な物があります。それは、食べ物ですよね。そのような状況の場合ですと、食べ物を買いたくても、スーパーなどは開いていないでしょう。コンビニエンスストアだって開いてはいませんよね。なんとかサバイバルを凌いでいかなければならないのです。これはとても困った状況ですよね。そして、一番大切な物が、水ではないでしょうか。水道を捻っても水が出ない可能性はとても高いと思います。そのような状況ならば水の確保は最優先課題になるのではないでしょうか。そんな時の為に、平和な生活な時にこそきちんとした防災対策をしておかなければなりません。例えば保存水を買っておく事が重要でしょう。このような保存水は、通常の水よりも遥かに賞味期限が高い物が多いのです。用意しておきましょう。

カテゴリー

アーカイブ

Go back to top